洗顔のしすぎは肌のバリア機能を失ってしまいます

優しく洗う

その日のメイクや汚れをしっかり落とすことは大切です。

 

ですが、必要以上に皮脂を落としたり
洗浄力の強いクレンジング剤でクレンジングしたり

 

そして、何度も何度も洗顔料で顔をあらうと
落とさなくてもいい角質まではがしてしまいます。

 

角質は、肌を守る大切なバリア昨日を担っている組織です。

 

角質層の厚みはたったの0.02mm、ラップ一枚の厚みで
思っているよりも簡単に傷ついてはがれてしまうのです。

 

私の場合は洗顔前に水クレンジングでメイク汚れはきっちり落としてから、
泡洗顔は1回のみと決めて洗っています。

 

汚れはちゃんと落すけれども、
必要な皮脂は落としすぎないことを心がけるようにしていますね。

 

これでかなり乾燥しにくい肌質に変わりましたよ。


朝はぬるま湯洗顔でも十分です

水洗顔

メイク汚れは、夜のうちにしっかり落としてあるので
朝はぬるま湯などで軽くすすぐ程度で十分です。

 

おきたときに多少のぬめりを感じることがありますが、
それは前日に塗った化粧水や乳液の残りや
寝ている間にかいた汗や皮脂ですので洗顔料を使わなくても十分に落とせます。

 

乾燥肌や敏感肌の方は、
この朝1回の洗顔料を使った洗顔を省くだけでも
肌荒れはかなり改善してくるはずです。


洗顔で角質層をはがしてしまうと・・?

お肌に必要な角質を落としてしまうと、
まだ未熟な肌を外気にさらしてしまうことになります。

 

角質がはがれた皮膚は、
紫外線をモロに浴びますし、乾燥しやすくなります。

 

また、ほこりや化粧品よごれなどの刺激を直にうけるので
肌が荒れやすくトラブルを招いてしまいやすくなります。

 

お肌を清潔にするつもりが、
逆に肌荒れを引き起こしてしまうのでは基も子もありませんよね。

 

お肌の角質層を守るためにも
過度な洗顔はさけ、角質をはがさないように心がけましょうね。