洗顔料はお肌に長い時間つけていないほうがいい

丁寧に洗顔したほうがいいと思い、じっくりと洗顔をされる方がいらっしゃると思います。

 

たっぷりの泡をつけて優しく優しく、
肌を傷つけないように・・と時間をかけて洗う・・・。

 

一見、お肌には優しいように感じるかもしれませんが
これもまたお肌の角質を傷める原因になるんです。

 

お肌は洗顔料をつけてから、洗い流すまで
洗浄効果はずっと働いています。

 

強くこすったりしていなくても、
お肌に洗顔料がついている以上洗いすぎに繋がります。

 

『丁寧な洗顔』を取り違える
お肌はどんどん乾燥し、敏感肌へとなっていきます。

 

 

洗顔のベストタイムは20秒から30秒ほど

これは、クレンジングにかける時間も含めてです。

 

さすがに、短すぎるのは汚れの落とし残しが心配ですが
洗顔料をお肌につけて洗い流し始めるまでの時間は
20秒から30秒で収めるのがお肌にとってのベストタイムです。

 

これは、乾燥肌や敏感肌の方だけでなく
ニキビが気になる、肌荒れに悩む方も同じです。

 

マスカラなどのアイメイクをしっかりしている方は
無理にクレンジングに時間をかけて洗うよりは、
ポイントメイクリムーバーなどで部分クレンジングをしてから
洗顔を始めたほうがいいですね。

 

 

長すぎる洗顔時間は、お肌の乾燥・トラブルの原因
短時間で汚れだけを落としてあげましょうね。