乱暴な洗顔方法で洗っていませんか?

お肌の角質は傷つきやすいです。

 

とくに角質はラップ一枚の厚みしかなく
思った以上に簡単に傷ついてしまいます。

 

毛穴の黒ずみや、お肌のべとつきが気になって
念入りに洗いたくなる気持ちもわかります。

 

ですが、やはりごしごしと乱暴に洗ってしまえば
お肌の角質ははがれてしまい、トラブルに繋がります。

 

角質をはがしてしまうだけでなく、
乱暴な洗顔は皮脂膜の形成を遅らせる原因にもなるのです。

 

 

このような洗顔のしかたをしている方は見直しましょうね
  • ゴシゴシとこするような洗い方をしている
  • 日常的にスクラブ入りの洗顔料やピーリング洗顔をしている
  • 朝晩マイクロピーリング(角質をはがす布)やブラシで洗顔している
  • 1回の洗顔で、2度も3度も洗顔料を使って洗っている
  • 泡たてが不十分なままでの洗顔(肌に洗顔料じか付け)をしてる
  • クレンジングでメイクを落とした後のダブル洗顔

 

上記に思い当たる方で、肌荒れを自覚してる方は
今の洗いすぎる洗顔方法を、一度見直してみてくださいね。

 

 

この洗い方大丈夫?不安になったら「美肌読本」で正しい洗顔法を学びましょう

 


洗顔時に出るアカのようなもの

洗顔時に『アカのようなもの』が出ることがあります。
白っぽい皮膚のような感じのものです。

 

洗顔が終わって、顔を拭いたときや
化粧水・乳液をつけているときなどに
「アレ?」と気が付くこともあるでしょう。

 

実はこれ、アカではなく
はがれてしまった角質なんです。

 

この白いアカのようなものができるときは
肌が荒れている時や荒れかけているとき、
もしくは新しい角質が再生しかけているタイミングです。

 

白いアカが出たときは、気になっても洗いなおしたり
タオルなどでこすり落としたりしないようにしましょうね。