洗顔後はしっかりと保湿をする

洗顔後はしっかりと保湿する

乾燥肌や敏感肌の方は、洗顔を見直すことがまず一番大切ですが、洗顔後の保湿も同じく大切です。

 

乾燥が原因で起きるかゆみは、
保湿をすることで落ち着かせることができます。

 

できればお肌が乾かないうちに化粧水で水分を補給しましょう。

 

しっかりと保湿をすることで乾燥が防げるだけでなく
余分な皮脂が分泌されることも落ち着かせられるので
鼻の頭の脂浮きも少なくなることと思います。

 


肌荒れがひどい方は化粧水を素手でつけましょう

敏感肌の方や肌荒れのひどい方は、
化粧水をつけるときには手にとって素手でつけましょう。

 

コットンで化粧品をつけるほうが一般的で
お肌に浸透させられるような印象がありますが

 

敏感肌の方は、コットン自体が刺激になるため
逆に肌荒れを起こしてしまう場合があります。

 

手のひらにで化粧水をたっぷりとって
ゆっくりと肌に押し込むようにつけるといいです。

 

お肌がしっとりとするまで、何度か重ねづけをすると
さらに保湿効果が上がり、お肌が潤ってきますよ。

 

手で触れることも刺激になるかな?とおもう場合は
スプレータイプの化粧水なんかもありますので
うまく使うといいと思います。

 

私は、ビオデルマサンシビオ(ウォータークレンジング)
ビオデルマ サンシビオ ダーマローションD..のW使いでしっかりと保湿しています


保湿のあとは乳液でお肌を保護することも大切

化粧水でしっかりと保湿をしたあとは、
乳液でお肌にふたをしてあげましょう。

 

乳液は油分だからあまりつけたくない・・
という方も多いのですが、実はこの乳液を省くと
お肌の乾燥をとめることができません。

 

面倒でもしっかり乳液でお肌を乾燥から守ってあげてくださいね。

 

 

乳液は油膜としてお肌を外部の刺激から守る役割もしています。

話がちょっとそれてしまうのですが、
肌荒れしているからって乳液を省くのは危険ですよ!

 

夏は特にべたつくのがいやで乳液を省いてしまう方も要注意です。

 

乳液を使うことで、お肌に油膜というバリアをはりほこりや日差し、
汚れなどからお肌を守ってくれる乳液をつけないと
直接お肌に刺激を受けることになるんです。

 

また、お肌はこのふたをしてあげない状態でいると
水分の蒸発を防ごうとして余分に皮脂を分泌してしまうんです。

 

そうなると、毛穴が開きっぱなしになってしまったり
毛穴が詰まったりしてニキビや肌荒れの原因にもなってしまうんです。

 

 

化粧水での保湿も大事ですが、
乳液でお肌をカバーすることも忘れないでくださいね。