無添加石鹸なら大丈夫?

無添加石鹸や天然せっけんといわれる石鹸でも、
なぜか肌荒れを起こしてしまう方がいらっしゃいます。

 

無添加 = 無害 のはずなのに、なぜ?と
不思議に感じる人もいるかもしれませんね?

 

原因は大きく2つあります。

 

使用されている天然成分によるアレルギー反応

例えば、天然のオリーブ由来の石鹸。

 

このオリーブに対してアレルギーを持つ方は、
肌が過剰に反応して赤くなったり痒くなったりといった
肌トラブルを起こす場合があります。

 

これは、オリーブに限らず使用している香料の成分であったり、
含まれている天然成分に対してアレルギーがあれば
やはり肌荒れに繋がる可能性があるのです。

 

アルカリ性であるために肌に合わない

無添加石鹸や固形石鹸の多くは、
アルカリ性(もしくは弱アルカリ)です。

 

アルカリ性の洗顔料は、汚れをすばやく落としてくれ
そういう面ではお肌に負担をかけずに洗顔できます。

 

また、もともと肌にはアルカリ性の洗顔料で洗顔しても
自然と弱酸性に戻る機能があるので、洗顔料としては
アルカリ性であること自体は悪いことではありません。

 

ですが、アルカリ性の洗顔料の場合
洗顔後につっぱったり、ピリッとした感じを受けることがあります。

 

その刺激に肌が過敏に反応してしまい
かゆみを感じたり赤くなったりすることがあるんです。

 

あまりにひどい場合は、しばらくの間無理に洗顔料を使わずに
水やぬるま湯で洗顔をして肌の調子を戻してあげるか

 

洗顔後に弱酸性に戻す化粧水などを使用すると
かゆみが早めに落ち着く場合もありますので、
お肌の調子を見ながら使用するといいでしょう。