泡立ちを良くするための成分の中には肌に良くないものも・・・

洗顔時の肌への負担をなくすため、洗顔料はたっぷりと泡立ててから泡洗顔をしましょう・・

 

という話は今では『洗顔の常識』となりました。

 

もちろん、泡で優しく洗うことは
お肌にとってとても大切なことです。

 

そのため、簡単に泡が作れるような
洗顔フォームが好まれることがあるのですが
これには少し注意が必要です。

 

泡立ちのいい洗顔料が肌にいいとは限らない

泡洗顔が人気となり、各メーカーから
もこもこ泡が売りの洗顔料がたくさん発売されました。

 

逆に、本来肌にいいはずのアルカリ性の固形石鹸は
なかなか泡立ちにくいため一時期人気が落ちました。

 

固形石鹸はもこもこの泡を作るには
念入りに泡立てたり、泡立てネットを使う必要があり
石鹸によっては、結構根気がいるものもあります。

 

この泡立てが面倒だという理由で
簡単に泡立つ洗顔フォームなどを使う方がいます。

 

ですが、この『簡単に泡立つ』という洗顔料には
泡立たせるために科学的な成分を使用している場合があり
この点にはちょっと注意が必要です。

 

この化学成分には、乳化といって
脂と水を混ぜ合わせて泡立ちを良くする力があります。

 

泡立ちは良くなるのですが、逆に泡切れが悪くなったり
お肌の表面に不純物を肌に残してしまうこともあるので注意が必要です。

 

肌に不純物が残ると肌荒れの原因になりますので
洗顔料を選ぶときには、その点を確認することが大切です。

 

 

中には、もこもこ泡がつくれても
石油系の合成界面活性剤を使っていない
敏感肌でも安心して使える石けんもありますので

 

こういったもので肌荒れを起こしやすい方は
しっかりと確認したうえで購入することをおすすめします。